ジスロマックの安堵感で恐怖のクラミジアを完全ブロック

ジスロマックの作用

ジスロマックに使われている成分のアジスロマイシン水和物は、非常に多くの感染症や炎症に使われる薬になります。
特に現在日本中で感染者が非常に多くなっているクラミジアや淋菌に処方されるものなので見かける機会もとても多くなっています。
この薬の他の治療薬と比べ特化している点は、アレルギーが起こることがとても少ないということです。
そのため非常に使い勝手に優れています。
マクロライド系抗生物質となっており、色々な種類の細菌に対しての滅菌効果を持っていて、感染することで起こってしまう腫れや炎症、化膿、発熱などの症状を治してくれます。
この系統の持っている性質として、βラクタム系のものでは治すことが出来なかったクラミジアやマイコプラズマに力を出すことです。
それだけでなく抗菌作用だけでなく抗炎症作用も持っているため、副鼻腔炎や中耳炎、歯科医などでも処方されることの治療薬です。

ジスロマックは体の中に入っていってから、胃の中に存在している胃酸の影響を受けにくくなっています。胃酸の影響をあまり受けないため悪い細菌に濃い状態で影響を与えられて、体の中への吸収も優れています。服用する量や回数によっても違ってきますが、1回飲むことで1週間から2週間は力を出してくれるので、自分で判断して服用をやめることや飲み忘れてしまうことがなくなります。
ここからはこの薬の使い方を簡単に説明していこうと思います。まずこの薬は250mgと500mgと1000mgの錠剤があります。この違いによっても飲み方は変わってきます。まず250mgの場合は1日に1回2錠を3日間服用し続けてください。尿道炎や子宮頸管炎の時は4錠を1回としてください。500mgの場合は症状が出ることを抑えるためには2錠を週に一回のみで大丈夫ですが、治すためには1日1回1錠となります。1000mgの場合は症状を抑えるためには週に1回、治す場合は3日に1回1錠の飲み方となります。

この薬剤を服用した際に胃腸に副作用の症状があらわれることがあります。
胃の痛みや気分が優れない、お腹を下してしまうといった報告例がありますが、大体の場合は時間の経過と共に症状もおさまります。
ですが、重い症状がずっと続いてしまうような場合であれば、薬剤の使用を中止し、医師に相談したほうが良いでしょう。
また他にも目眩や痙攣などが起こる場合があり、運転や操縦等は控えるようにしましょう。
そしてジェネリックも多く販売されていることが特徴になります。ジェネリックであれば同じ効果同じ成分で値段が安くなっているため、特に拘りがなければ後発品を選ぶと良いでしょう。